original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/13

ルーズサイズウルトラウェイトTシャツ<MAESTRO> (G492-954)

6,270円

送料についてはこちら

  • WHT × M

    ¥6,270

    残り1点

  • WHT × L

    ¥6,270

  • WHT × XL

    ¥6,270

    残り2点

  • GRY × M

    ¥6,270

  • GRY × L

    ¥6,270

  • GRY × XL

    ¥6,270

  • NVY × M

    ¥6,270

    残り1点

  • NVY × L

    ¥6,270

  • NVY × XL

    ¥6,270

    残り3点

*ボールといっしょに旅をする“フットボールジャーニー”。今シーズンオレたちが向かったのは日本のちょうど真裏に位置する南半球の“Campeon del Mundial”アルゼンチン。 もういなくなってしまった“神様”と“世界一の選手”を誕生させたこの国には、いったいどんな匂いのローカルフットボールがあるのか。好奇心旺盛で行動力抜群な仲間といっしょに嗅ぎに行く。 *モデル名のマエストロに値する人はこの国のフットボール界の中にも何人かいる。その中でもこのイラストに描写されている二人は特別だ。 *el Flaco(エルフラコ「やせっぽち」)セサル・ルイス・メノッティ。 オレたちの旅でもブエノスアイレスのトランキーロでクラシックなカフェで偶然出会うことが出来た(超持ってるオレたち!)アルゼンチンが世界に誇るマエストロと少しの時間でも語らえたのはかけがえのない時間だった。 *自国開催の1978年にオレたちのディエゴをセレクトしなかったメノッティには何かの引っ掛かりを覚えていたが、この出会いからはすっかりメノティスモ! 1978年にCeleste(水色) y Branco(白)(アルゼンチンナショナルチームの愛称)を自国優勝に導き、ボカ・ジュニアーズ、リーベル・プレート、ペニャロール、バルセロナ、アトレティコ・マドリーなど錚々たるチームを率いてきたマエストロ。ウィットに富んだ発言でも知られる賢人はアルゼンチンメディア『DSport Radio』とのインタビューで、史上最高の選手が誰かを問われて代表やバルサで監督、選手の関係だったマラドーナも、AFAのGM職で距離感の近いメッシも選ばず。1968年サントスでプレーしていたときにチームメートだったあのブラジル人を選んだんだよなー。 衝撃!まあでもこの感じもまたアルゼンチン人だなー。好きです! *このイラストはそんなフラコが、1978年の大会で当時17歳だったディエゴの選手登録を最後まで悩んで経験値と重圧を考え、大会1カ月前にメンバーから外した。涙を流したディエゴはメキシコで勝ち取るんだがやはりその経験があったからこそ後に“神様”が産まれたんだと思う。 有名なその時の練習場ピッチで行われた二人の話し合いの情景をイラストとしてオンしている。 cotton100% M:身丈 72.0 / 身幅 57.0 / 袖丈 23.0 / 身長 165〜170 L:身丈 76.0 / 身幅 60.0 / 袖丈 25.0 / 身長 170〜175 XL:身丈 80.0 / 身幅 63.0 / 袖丈 27.0 / 身長 175〜180 ----- 弊社は実店舗との共有在庫になりますので、 大変申し訳ございませんが、受注された後の売り切れの場合もございます。 予めご理解ご了承お願い致します。 -----

セール中のアイテム